読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WIXOSS・ピルルク速報.com

当サイトはタカラトミーの美少女TCG、WIXOSS(ウィクロス)の最新情報、デッキレシピ、立ち回り、構築などを紹介しているサイトです。

WIXOSS ルリグ対策 優勝の多いデッキ、ユヅキ(燐廻遊月)の対策について

f:id:mizusimakiyoi07:20161208024048j:plain

今日はWIXOSSユヅキ、主に燐廻遊月の対策についてお話ししようかなと思います。

以前はWIXOSS初心者に向けたピルルク対策について解説しました。
今回もロストレージからWIXOSSを始めたという初心者向けの解説です。

 まだまだ優勝報告が多く聞かれるユヅキ。

強化がやたら多いせいかピルルクにヘイトが溜まりがちですが、ユヅキも立派な環境上位デッキだと思います。
ユヅキも一応は規制されたルリグなんですけどね。
ユヅキの何が強いのか?
まずはそこから説明していきましょう。

WIXOSS ユヅキ(燐廻游月)の強み

ユヅキの強み。
それは攻守が高い水準にまとまっていることではないでしょうか。
ちょっとわかりにくいですね。
ではまず攻撃面と防御面に分けて説明しましょう。

ユヅキ(燐廻游月)の攻撃面

ユヅキの攻めの中心は全体的に高い能力を持っている龍獣のシグニにあります。

f:id:mizusimakiyoi07:20161214202952j:plain

中盤のアタッカーからフィニッシャーとしても強力な幻竜 ボルシャック幻竜姫 スヴァローグ幻竜神姫 バハムート

f:id:mizusimakiyoi07:20161214203250j:plain

上記のような強力な龍獣をサーチしつつ、自身も盤面あけに貢献できる幻竜 アパト

f:id:mizusimakiyoi07:20161214203514j:plain

サーバントを含めた他色エナを焼き払うことで相手のテンポをロスさせる幻竜 グリアナ

f:id:mizusimakiyoi07:20161214203530j:plain

エナブースト要員の幻竜 #ドラコレクス#幻竜 #ステゴケラス#幻竜姫 #スパザウス

これらの他にも幻竜 #ヤモリ#幻竜 ナイルワニなど、能力が優秀なシグニが非常によく揃っています。
特にレベル3以降は幻竜 ボルシャックなどのアタッカーがほぼ毎ターン展開されるので防ぐのも一苦労。
これらに加えて、これまでは四面楚火でシグニに対するアーツを拒否するという鬼畜ぶりでした。
しかし猛威を振るった四面楚火は繭の部屋によって規制、禁止を余儀なくされます。

f:id:mizusimakiyoi07:20161214203830j:plain

その後、ユヅキは燐廻転生を使ってユヅキ自身でとどめを刺すというプランを確立。
アーツなどでシグニが詰め切れなかった部分を解消することに成功。
これが燐廻遊月という型として最近の主流になりました。
このように総合的な火力に関しては他の追従を許さない性能を持っています。

ユヅキ(燐廻游月)の防御面

これだけ攻撃的なら防御は手薄なのでは?
そんなことは全くないです。
防御面に関しては紅蓮乙女 遊月・肆の登場によって、火鳥風月 遊月・肆など過去のユヅキにはなかった持久戦が可能になりました。

f:id:mizusimakiyoi07:20161214205017j:plain

ライフ回復、起動効果によるエナ確保、ワンショットの無力化
それらに加えてユヅキは緑龍獣の登場によって、暴風警報、龍滅連鎖、水天一など優秀な防御アーツを複数選択可能になりました。

結果として、最初に説明した攻守において高い水準を得たのです。

WIXOSS ユヅキ(燐廻游月)の対策

さて、本題のユヅキへの対策について解説しましょう。
とはいってもユヅキ大してアーツなどの明確なメタカードは無いに等しいです。
ちょっと、帰らないでください!
というのもユヅキの動き自体が個々のシグニを出して殴るという非常にシンプルな動き。
ピルルクやウリス相手のようにスペルや墓地など、動きの中継点を叩くということが行えないのです。
しかし無敵というわけではなく、いくつか弱点が存在します。

ユヅキ(燐廻游月)の弱点1

まずはピルルクなどが得意としているハンデス
サーチ力や回収の乏しいユヅキは手札を失うと安定した火力を出せなくなることが稀にあります。
しかし規制で枚数が減ったとはいえサーチ役の幻竜 アパトも健在。
加えてユヅキ側は水天一碧などのアーツを使用することによってこの問題を解決できる可能性があります。
こうしてユヅキ側もハンデスに対してある程度の回答を持っているため、決定打になるかというとはっきりとYESとは言えません。
しかししっかり締め上げればアーツの強要にも繋がるので、やはり有効な対策ではあると思います。

ユヅキ(燐廻游月)の弱点2

次いでユキが得意としているシグニの能力を打ち消すという方法。
実のところこれが一番の有効打かなと自分は考えています。
ユヅキの火力の大半はその強力なシグニから繰り出されるもの。
それらのシグニも効果そのものを無効にすることが出来れば怖くはありません。
特にコードラビリンス ルーブルを2面、3面にキープする立ち回りを行うことができれば、ユヅキの主力を一方的に無力化することも可能です。
加えてユキの場合、ピンチ・ディフェンスの採用を視野に入れられるため、燐廻転生による確殺を防ぎやすいというのも特徴。
しかし、このシグニの効果を打ち消すという能力自体がユキ特有の能力のため、他のシグニは基本的に行えないというのがネックですね。
このような感じでユヅキも苦手な相手はちゃんといるので、特定のルリグでならしっかりと対策は取れます。
しかしルリグ全体として考えた時の対策はあるのか?
そういったルリグは個別に対シグニ用の防御プランを用意してユヅキの攻撃を凌ぐことを考えてみましょう。

ユヅキ(燐廻游月)の攻撃から守るには?

対シグニ用防御プランとは具体的にどういうことか。
いくつか例を挙げると、

f:id:mizusimakiyoi07:20161214205834j:plain

サシェの白羅星 フルムーン、白羅星 プルートなどで攻撃回数そのものを減らす

f:id:mizusimakiyoi07:20161214210052j:plain

・先駆の大天使 アークゲインのような、バニッシュ対策のシグニを用意する

f:id:mizusimakiyoi07:20161214210614j:plain

・SLASH OUTなどのトラップを踏ませる。

f:id:mizusimakiyoi07:20161214210707j:plain

・防御アーツで守る。
こんな感じですね。
最後のはなんてことの無い基本的なことですが。
これらの防御プランを作る際に注意しなければならない点がいくつかあります。

防御する際の注意点1

まずコードハート M・P・Pや先駆の大天使 アークゲインなど、シグニのバニッシュに対して防御できるシグニ。
これは幻竜 ボルシャックや幻竜姫 スヴァローグには有効ですが、幻竜神姫 バハムートのアサシンには無力という点。
なのでシグニを守るというよりは、羅星 プルートや十字の炎槍 サナユキのように、相手の動きに直接干渉するシグニの方が用意した方が有効だと思います。
というのもユヅキのシグニは圧倒的な火力の反面、アーツなどで妨害された際の防御力が著しく低いというのが特徴。
特に上手くカウンターでどかすことができれば回収の乏しいユヅキにとっては痛手となるでしょう。

防御する際の注意点2

もう1点注意しなければならないのがアーツによる防御。
特に他色アーツを構えていた際は真・遊月・伍や幻竜 グリアナで色を抜かれるパターンが多く、エナ不足になるケースが多いです。
なのでユヅキ相手に構える際はドント・エスケープ、ピンチ・ディフェンスのような低コストで他色にこだわらないアーツを構えましょう。
あと、ユヅキ戦の基本ですが、マルチエナを置くのだけはなるべく避けてください
ライフから置かれたらこだわらずにグロウコストやスペルなどでさっさと吐き出しましょう
狂犬に手を差し出すようなものです。
防御するときのコツとしては常に最悪の状況を想定して動くことで最善策が取りやすいと思います。
ユヅキにやられて最悪の状況といえばこんな感じですね。
幻竜神姫 バハムート×2+燐廻転生
幻竜神姫 バハムート・幻竜姫 スヴァローグ・幻竜 ボルシャック+燐廻転生
上記のルートをユヅキが通った場合、こちらの撃たれるであろうアーツを予期して動いていると考えていいです。
まず生き残れないでしょう。
なのであらかじめそういった状況に陥らないように立ち回るのが大事です。
これも普段できてない自分への戒めですね。
戒めてばっかりだな俺。

ユヅキ(燐廻游月)への攻め方

たぶんこれが一番みんなが気になっている部分ではないでしょうか?
・ワンショットは出来ない。
・ライフを削って倒しきれなければ燐廻転生まで一直線。
・耐久プランも圧倒的な暴力の前に屈する。
ユヅキに対して攻めようとするだけでも数々の障害が立ちはだかります。

まずはどうするか?

要は死ななければいいんです。

ユヅキ(燐廻游月)戦の死なない殴り方

まず基本としては焦って一気にライフを取ろうとしない事ですね。
ライフが3枚以上ある状態では、どんなにワンショットプランを練ってもユヅキは死にません。
(フォーカラー・マイアズマでデッキリフレッシュを入れて、無理やりライフを2枚に調整するなど一部例外はあります。)
なのでそういう場合は無理に攻めようとせず、丁寧に1枚ずつ削ってライフが2枚以下になるように心掛けてください

ユヅキ(燐廻游月)戦 やってはいけない殴り方

ここで間違えやすいのが、龍滅連鎖によるライフ回復を警戒して、ライフ3枚から1枚に減らそうとする殴り方。
次ターンで詰め切れるように見えますが、逆に真・遊月・伍のグロウコストを0にしてしまうので、明確な防御プランが無ければ次のターンが来る前に燐廻転生が発動してまず死にます。
また同じような理由でライフ4枚から一気に2枚まで減らすというプレイングもオススメできないです。
この場合、真・遊月・伍のグロウコストの踏み倒しはありません。
しかしユヅキ側が0エナの状態でもライフ2枚を削った場合、紅蓮乙女 遊月・肆の起動効果で計4エナ。
返しのターンのエナチャージを含めて5エナ。
真・遊月・伍+燐廻転生の必要エナ数に到達してしまうのです。
しかもグロウ時の2エナ焼きを行いつつ、一蓮托生の2エナチャージから燐廻転生を起動するという防御側のアーツを絞るプラン。
コードアート T・A・Pで手札確認を行ってから殴りかかる、サーバントをケアするプラン。
こんな感じで無理やり押し込むプランが多数存在するので、到達された段階で必殺だと思ってください。
なので、ユヅキ側のエナ状況を見て、例え点を取れるタイミングでも燐廻転生まで到達されると思ったら攻撃の手を止めるのがベストです。

ユヅキ(燐廻游月)戦の理想的な動き

理想はユヅキ側のライフを常に2枚キープ。
そこから毎ターン3点を取る動きを見せつつ、ユヅキ側がアーツを吐き出すのを待ちます。
吐き出して殺しきれないと判断したら攻撃の手を止め、次ターンで再び同じ動きを見せる。
こうした動きを意識して、ユヅキ側に燐廻転生を常に撃たせないように立ち回るのがいいでしょう。
ユヅキはレベルになる関係上、防御アーツの数が通常のルリグより少ないです。
かつ優秀なアーツはコストが比較的重いので、アーツを撃たれた切り返しで燐廻転生ルートはあまりないです。
エナ調整さえ間違えなければですが。
自分から身構えるのではなく、ユヅキ側に無理やり持久戦を強いるという意識を持っていきましょう。

さて長くなってしまいましたが、WIXOSSの対ユヅキ戦の対策と立ち回りはこんな感じですね。
参考になったでしょうか?
正直な話、自分がユヅキ使いではないので、上記に挙げた以外工夫したルートでユヅキ側が攻め込んでくる可能性もあります。
攻め方に関しては自分がピルルクを使った対ユヅキ戦で意識している部分を中心になっています。
安定した持久力を持つピルルクでもやはりユヅキの火力に押し切られてしまうことも多々あって、油断のできない相手です。
なので100%正解かというと自信がありません。
しかしやはり基本となるのはエナを与えないように立ち回ること
これに尽きると思います。