読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WIXOSS・ピルルク速報.com

当サイトはタカラトミーの美少女TCG、WIXOSS(ウィクロス)の最新情報、デッキレシピ、立ち回り、構築などを紹介しているサイトです。

WIXOSS 優勝できなかったコード・ピルルク APEXのデッキレシピ紹介

f:id:mizusimakiyoi07:20161201011234j:plain

 

情けないタイトルですみません。
昨日はピルルクの反省会を行ったので、今回はWIXOSS PARTYで使用したピルルクデッキを紹介したいと思います。
まずはデッキレシピからどうぞ。

 

ピルルクデッキレシピ紹介

ルリグデッキ

f:id:mizusimakiyoi07:20161202024146j:plain
コード・ピルルク
コード・ピルルク・K
コード・ピルルク Π
コードピルルク・Φ
コード・ピルルク Λ
コード・ピルルク APEX
ブルー・パニッシュ
ドント・エスケープ
フォーカラー・マイアズマ
ダークアート †M・G・T†

 

メインデッキ

f:id:mizusimakiyoi07:20161202024158j:plain

ライフバーストあり
コードアンシエンツ ヘルボロス    1
コードラブハート †M・C・M・R†    1
羅植華姫 バオバブーン        1
コードハート A・M・S       2
コードハート M・P・P       3
コードアート M・G・T       1
コードアート G・R・B       4
FREEZE             1
ゲット・インセクト          1
サーバント Q            1
サーバント D            1
サーバント O            3

 

ライフバーストなし
コードアンチ カイヅカ        1
コードアート †A・L・C・A†      2
コードアート P・S・M       1
コードアート R・F・R       2
コードアート †S・C†          2
CRYSTAL SEAL       3
PRECIOUS           1
THREE OUT          2
MIRROR             1
アイス・フィンガー          1
バイブ・フレア           1
サーバント O2           3

 

 

今回のピルルクデッキのコンセプト

もしかして今のWIXOSSってコードハート A・M・Sが強いのでは?という考えのもとに構築しました。
その理由については後述します。
メインデッキの構成自体は幻水姫 ダイホウイカが発売される前のピルルクですね。
スペルを複数回使用してコードハート A・M・Sで殴っていくというコンセプトです。
スペルを回すのはダークアート †M・G・T†を使っていきます。
具体的な方法についても後述で。

ピルルクデッキ、キーカードの解説

f:id:mizusimakiyoi07:20161202025250j:plain


≪コードハート A・M・S≫
今回のピルルクデッキの主軸であり、防御の中核を担っているシグニです。
あーやデッキを紹介した際にも解説しましたが、現環境ではシグニによる盤面空けが非常に多いです。
そこで今回のWIXOSS PARTYでは耐久力を意識してコードハート A・M・Sを採用しました。
バウンスやマイナスなど、バニッシュ以外の方法でどかしてくる相手にも強いというのは非常に役立ちます。

 

f:id:mizusimakiyoi07:20161202025302j:plain

≪コードアート †A・L・C・A†≫
コードハート A・M・Sのエンジンになってくれるシグニです。

  • ゲット・インセクト
  • コードアート M・G・T
  • CRYSTAL SEAL
  • コードアート †A・L・C・A†

これらのパーツを揃えればCRYSTAL SEALもある程度連射できるようになるのでフルハンデスも夢じゃありません。

手札の電機に余裕があればゲット・インセクトの回収はアリシア2枚の方がいいです。

パーツが多くて一見複雑そうに見えますが、ゲット・インセクトとコードアート M・G・Tの回収を念頭に入れておけば意外と簡単です
しかしRAINYを回していた時と違い、ハンドが増えていくわけではないので切れるタイミングは必ず存在します
ハンデスで気持ちよくなるのも大事ですが、自分が息切れしては元も子もないのでご利用は計画的に。

 

他のシグニについては大会で優勝しているピルルクの構築に採用されているものばかりで、あまり解説するところがありませんでした。

各スペルの採用理由

f:id:mizusimakiyoi07:20161202030357j:plain

≪CRYSTAL SEAL≫
本デッキ最大のキーパーツ。

眼鏡はない方が絶対に可愛いと思います。
これを除外されないかどうかでその後の動きが大きく変わってしまうので多めに3枚採用しました。
撃っていけるデッキに対してはレベル3から回してもいいと思います。

 

f:id:mizusimakiyoi07:20161202030653j:plainf:id:mizusimakiyoi07:20161202030709j:plainf:id:mizusimakiyoi07:20161202030816j:plain

≪PRECIOUS≫
≪THREE OUT≫
≪MIRROR≫
ピルルクのドロースペル3種の神器。
PICK UP?知りません。
ブラック・コフィンに対する対策も兼ねてドロースペルはばらけさせています。
この記事を書いているうちにTHREE OUT1枚はTREASUREでもいいかなと思いました。
当時はブラック・コフィンをCRYSTAL SEALに撃たせないための陽動を兼ねて2枚採用。
あとはアンダーワンで止められた時のダメ押しという意味もありました。
MIRRORはレゾナを採用した関係で薄くなったピルルクの防御回数を増やす意味で採用。
Λの段階でも無理なく撃っていけるので、スペル回数を稼ぐ潤滑油としても十分力を発揮してくれます。

 

f:id:mizusimakiyoi07:20161202031108j:plainf:id:mizusimakiyoi07:20161202031118j:plain

≪リバイブ・フレア≫
≪ゲット・インセクト
トラッシュ回収用スペル。
バイブ・フレアは回収用というよりは防御札の役割が強いです。
その分ゲット・インセクトに頑張ってもらいました。
コードアート †A・L・C・A†と合わせればコードハート A・M・Sを1エナ消費だけで回収できます。
青を回収できるのはピルルクにできてウリスにはできない芸当です。
ピルルクにヘイトがたまる最大の原因はアリシアの存在ではないでしょうか?

f:id:mizusimakiyoi07:20161202031958j:plainf:id:mizusimakiyoi07:20161202032015j:plain

≪FREEZE≫
≪アイス・フィンガー≫
コード・ピルルク APEXの防御アーツ的なカードです。
アイス・フィンガーは序盤で引いたらP・S・Mでゲット・インセクトに変換します。
ダメなときはエナ送りですね。
FREEZEは因果応報を撃たれても3面防御ができる最強カードです。
これがあるとバハムートも怖くありません。
エナに置いておくか手札に大事に持っておいてタイミングを見極めましょう。
自分もまさかFREEZEが最悪の凶器に変わるとは思いませんでした。

スペル妨害などに対しての立ち回り

ミュウなどのスペル妨害を行う相手に対しての立ち回りですが、スペルを乱用しないで最低限の使用にとどめましょう

そのうえでルーターを上手く使ってトラッシュにスペルを5枚貯めてください。
特にオタガメループを行うミュウ相手にはコードハート A・M・Sがいい感じの壁になってくれます。
今回コードアート R・F・Rを採用したのにはそういう理由もあります。
コードアート P・S・Mに関してはルーター兼CRYSTAL SEALのサーチ要因として採用しました。

 

こんな感じで使って1回戦負けでした。
構築は悪くないと思うんですが、単純に自分の立ち回りが悪かっただけですね。
ちょっといろいろ物足りない雑な記事ですみません。
きちんと結果を残せたらしっかり解説しようと思います。